FAQ

Felightに関するよくあるご質問

  • 1. フェライトは、塗料(ペンキ)ですか?

    いいえ。
    95%以上が純粋な金属化合物であり、室温(20度以上)で簡単にコーティングが可能な非溶融の金属コーティング剤です。

  • 2. フェライトは、金属メッキですか?

    いいえ。
    フェライトは常温の環境下で、どのような素材の表面でもコーティングでき、素材表面を金属化する技術です。使用可能な素材は、ラミネート製品、メラミン、木材、プラスチック、石膏、ファイバーグラス(FRG)、FRP、GRC、GRP、陶器類、コンクリート、発泡スチロール、ウレタン、ガラスまたはその他の金属など、ほとんどのすべての素材表面に施工することができます。

  • 3. フェライトは、パウダーコーティング(粉体塗装)ですか?

    いいえ。
    パウダーコーティングは、高温で塗装材を焼きつける工程がありますが、フェライトは、常温の環境で、スプレーやローラーによるコーティング、パテナイフでの塗りつけ、型流しなどによって加工できる製品です。熱を加えて硬化させるタイプの製品ではありません。

  • 4. フェライトは、屋外のものにも使えますか?

    使用可能です。
    基盤となる素材が外気や雨などに耐える素材であり、フェライトのコーティングをしっかりと行えば問題はありません。EN ISO 4892-2によると、30年経過後にまったく破損などがないことが認められています。

  • 5. フェライトのコーティング層の厚さには、決まりがありますか?

    いいえ、特にありません。
    ご希望の厚さにコーティングできます。理想的かつ経済的な層の厚さは、0.07mmから 0.15mmになります。

  • 6. フェライトがコーティングできない素材はありますか?

    素材の表面に油分や水分が多くついていない限り、ほとんどの素材にコーティング可能です。

  • 7. フェライトには、収縮性がありますか?

    いいえ。
    塗料ではないため、蒸発作用による収縮作用はありません。

  • 8. フェライトの硬化には、加熱処理が必要ないのですか?

    はい。
    常温環境で施工するため、加熱による歪みや縮み現象もなく、基盤となる素材への熱衝撃もありません。

  • 9. フェライトには、柔軟性がありますか?

    いいえ。
    凝固したフェライトは非常に固い皮膜を形成するため、柔軟性はありません。

  • 10. フェライトには、電気伝導性がありますか?

    いいえ。
    電気の伝導性はありません。

  • 11. パートナーにはどんな職種の方が多いですか?

    メーカー、建築塗装、家具製作、デザイナー、個人の趣味として…などなど、様々な方がいらっしゃいます。

  • 12. どんな技術が必要ですか?

    用途や施工面積にもよりますが、スプレー塗装の技術があるとよりレベルの高い施工が可能です。刷毛やスポンジやローラーなどでも施工出来ますし、不慣れな方のバックアップ体制も万全です。

  • 13. 研修費用の10万円の中味について教えて下さい。

    概要説明、資料一式、技術研修(それにともなう材料代含む)、修了後にお渡しするスターターキット、認定証、パートナー登録後のサポート(登録期限内無制限)などです。

  • 14. 研修会場はどこですか?

    パートナー企業のアイチ金属(愛知県名古屋市北区五反田77)に委託しております。
    そこから車で5分の第2工場です。今後は各地方にも増やしていく予定です。
    アクセスマップはこちらから

  • 15. Felightをもっと気軽に体験できませんか?

    東京・大阪・名古屋などでワークショップを開催する予定です。
    情報は随時公開しますのでHPやFacebookページをチェックして下さい。